シャンプーを使って頭皮が薄いと根が張れない

では、頭皮が薄くなれば、なぜうぶ毛のような髪しか生えなくなるのでしょう。頭皮は毛髪にとって「畑」のような存在で、毛髪は「作物」にあたります。
ん。根を張ろうとしても、すぐにかたい砂利か岩盤につかえてしまいます。そして、根が十分に張れなければ、作物は十分に成長できません。頭皮が薄くなったときも、このイメージを思いうかべていただけばわかりやすいでしょう。勢いのある毛髪は、頭皮より上では太く、長く育って伸びていき、毛根は下へ下へと「根」を伸ばしていきます。ほとんどの毛根は、成長とともに真皮を突きやぶって、脂肪組織の下にある頭の骨の近くまで深く根を伸ばします。
ます。ほとんどの毛根は、成長とともに真皮を突きやぶって、脂肪組織の下にある頭の骨の近くまで深く根を伸ばします。このように根をしっかりと皮膚深くまで伸ばすことができてはじめて、太く、かたく、ところが、シャンプーをしすぎて、頭皮が薄くなると、脂肪組織の下は硬い頭蓋骨ですから、毛根が根を伸ばしたくてもつかえてしまって、それ以上伸ばせません。深さ60cmあった畑の土が30cmに減って、その下が岩盤だったら、大根やごぼうだって根を十分に張れるわけがありません。
それと同じことです。毛根が十分に成長しなければ、そこから伸びる毛髪は細くて、やわらかくて、短い、うぶ毛のような状態になってしまいます。こうして、すべての毛髪が「うぶ毛化」の方向に向かえ向かえば、薄毛がどんどん進行することはいうまでもありません。シャンプーは頭皮をはげしく乾燥させることで細胞の新陳代謝を衰えさせて、その厚みを減少させ、その結果、薄毛をまねきます。これだけでも驚きですが、調べていくと、シャンプーの害にはさらなる恐しさがひそんでいることがわかります。シャンプーの持つ強い「細胞毒性」です。
顕微鏡で見ると、頭皮がつるつるでキメがまったくなく、しかも、皮脂腺のところでもふれましたが、毛穴のまわりが月のクレーター状に大きく深く掘れてすり鉢のようになっている人がいます。
このようなクレーターはあごひげなど、シャンプーをしない他の部分の毛穴のまわりでは見られませんし、また、シャンプーをしていない人や、していてもその回数が圧倒的に少ない人では、毛穴のまわまわりはまったいらになっています。ということは、このクレーターはシャンプーのしすぎによってできたと考えてよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です